便秘解消 やっておきたいこと

便秘
便秘解消は一夜にしてならずです。これは間違いありません。
確かに強制的に出すことはできます。

 

下剤、にがり、腸内洗浄などなど。強制的に便を出すための
方法はいくつかそろっています。しかしそれらはどれもその場しのぎの
対処法にしかなりません。強制的に出している限りは。

 

間違っても強制的に排便する方法を継続するといったことが
無いようにしてください。体が慣れてしまうと、かなり危険なことに
なりかねませんから。

 

では強制的に排便する前にどのようなことをしておくといいでしょうか。

 

1.水分を十分に取る

これは必須です。便の中身の80%は水分です。これ、超重要。要するに
水分無しでは便秘解消は全く無理ということです。というか便さえ作られ
ないかもしれません。

 

とにかく水分を取る。それだけでも80%くらいの便秘が解消されるのではと
勝手に予想してます。

 

目安は1日2リットルと言いますが、その人の運動量などによっても変わります。
成人男性であれば2リットルより多くてもいいかもしれませんし、子供であれば
少し少なくてもいいかもしれません。

 

水分を取る時に気をつけたいのは、こまめに取ることです。一気に水分を
とってもお腹がたぷんたぷんになるだけで、便秘解消にはつながりづらいです。

 

2.股関節周りのストレッチ

股関節周りの結構が悪くなっていると、大腸がうまく動いてくれません。
ずっとオフィスで椅子に座ったまま。通勤時もほとんど歩くことはない。
そんな状態だと結構股関節周りが固くなってしまっているかもしれません。

 

さらに股関節周りが固いと、いわゆるウンチングスタイルがとれません。
あの姿勢も結構重要です。是非股関節の柔軟体操に取り組んでみて
ください。

 

3.糖質を取り過ぎない

糖質を取るな、ということではないです。甘いものを毎日食べるとか、
スタバでは毎回生クリームてんこ盛りで、はちみつも入れて・・・なんてことを
したり、ケーキ食べ放題が大好きだったりといったことはやめましょう。

 

腸内環境がどんどん乱れていきますし、代謝が乱されるので、便秘解消以外の
弊害も出てくるかもしれません。

 

4.気温差が激しい生活をしない

要は夏場にクーラーにひたることです。キンキンに冷えた部屋にいきなり入ったり
すると時には10度以上の気温差が生じます。そうなるとお腹、大腸はかなり
びっくりしてしまいます。

 

とはいっても、オフィスでは勝手なことはできないかもしれません。外回りから
帰って来る営業マン優先かもしれません。彼らは汗だくでもうどうしようもない
状況になりますし、彼らが稼いでくれないと会社は売上が立ちませんから・・・

 

ですので、夏場にクーラーがきつい場合は毛布などを使ってお腹が冷えないように
しましょう。

 

5.毎日トイレに行く

便意がなくてもトイレに座る習慣をつけましょう。例えば朝。例えば夜。別に
どちらでもいいのですが、とにかく毎日排便をする、ということを体に覚えさせ
るのです。

 

出ない日もあるでしょう。しかし、出そうとすることで体は徐々に変わって
いきます。辛抱強く座り続けましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか。便秘でない人は、朝起きると既に便意があって、
一刻も早くトイレに行きたくなるそうです。朝起きて一杯の水なんて全然
必要ないと言っていました。

 

自分で出そうとする前に、便の方から、俺も、俺もと出ようとしてくるわけです。
便秘の人からするともう信じられないレベルですけど、実際そういったことが
起こっているわけです。

 

是非そういった状態を目指して今回の5つのことに取り組んでみてくださいね。

関連ページ

ウォシュレットが引き起こす便秘改善妨害
ウォシュレットで便秘解消ができると思ってませんか?
断食がある意味腸内洗浄
話題の断食。なぜ便秘解消にいいのでしょうか。
食べ物が消化されてから排泄されるまで
便秘解消を実現するためには食べてから、消化、排泄に至るまでの過程を知ることも大事です。
お腹がすくという感覚を大切にする
便秘解消を実現するためには、お腹がすく、という感覚も大事です。
椅子を使って洋式トイレが便秘対策トイレに!
大便時の椅子の座り方で便秘解消する可能性だってあります。洋式トイレが便秘解消対策トイレになるのです。