便秘解消 お酒

お酒を飲むと便秘解消になるという情報を見ることがあります。
これは本当なのでしょうか。

 

お酒

 

お酒はどうして便秘解消になるのか

個人的な経験からも実はお酒が便秘解消になったことはあります。
お酒を飲みすぎて2日酔いのためにトイレに行ったついでに排便もする、
という上からも下からも出した経験があります。

 

ではどうしてお酒を飲むと便秘解消になるのでしょうか。これには2つの
要因があると思われます。

 

血行が良くなる

1個目はお酒を飲んだことによって血行が良くなったという効果です。お酒を
飲むと血の巡りがよくなりますよね?それによってこれまでもしかして滞って
いた体内の代謝が再開し、その結果大腸の動きも良くなり、蠕動運動が
促進されて、排便が行われる、という流れです。

 

飲み屋に行くと真っ赤な顔をしている人達を見かけますね。あれも血行が
良くなった結果赤くなっているとも言えるでしょう。つまり、あの人達は大腸の
動きも良くなっているということなのです。

 

そういえば、飲み会の最中に小便よりは少し長い時間トイレに行っている人、
いませんか?恐らくその人達は大腸の蠕動運動が促進された結果・・・
便秘が解消されたのかはわかりませんが、とにかく排便している可能性は
大きいでしょう。

 

大腸が刺激される

2個目の理由はアルコールが大腸を刺激してくれるからです。アルコールを
飲むことで大腸が刺激され、その結果蠕動運動が促進されるのです。

 

お酒を飲むと便秘にもなる?

お酒を飲むことが便秘解消になるということですが、実は逆の効果を持つ
こともあり得ます。というのも、お酒というのは、利尿作用をもっているからです。

 

利尿作用があるとどうして便秘になるかというと、便秘の大きな原因の一つは
水分不足だからです。体内の水分が不足してしまうと、便が正常に作られなく
なるのです。

 

というのも便は80%が水分からできています。体内の水分が不足すると、便を
作るための水分も不足してしまいますから、便ができたとしてもカチカチになって
しまい、大腸から出てきずらくなります。

 

便がカチカチになると、たとえ便意があったとしてもなかなか出てこないのです。
また出てくる時にも肛門を傷つけてしまったりといいことがありません。

 

こうならないためにも便秘解消の一つの対策としては水分不足にならないように
するというのが鉄則なのですが、お酒はこれと逆の動きをします。

 

つまり、体内の水分を体外に出してしまうのです。これが利尿作用です。

 

便秘解消をするためのお酒の飲み方

気をつけたいのは便秘解消をするために、普段は飲んでないのにあえて
お酒を飲む必要はないということです。これ、結構重要です。便秘解消に
効果があるという話を聞くと、無理にでもその食べ物や飲み物を試そうとする
人がいます、その必要は必ずしもありません。

 

お酒についてはさらにそうでして、飲めないお酒を飲む必要は全くないのは
誰でもわかると思いますが、あえて飲み会を増やすといったことは必要ないのです。

 

ではどのようにお酒を飲めばいいのかというと、ありきたりですが、下記を守る
ことが必要でしょう。
・飲みすぎない
・楽しく飲む
・水分補給を忘れずに

 

飲みすぎて体調を崩したら元も子もありません。これだけは避けなければなりません。
そしてやはり飲みすぎると利尿作用がアルコールのメリットを上回ってしまいますから、
やめておきましょう。

 

次の楽しく飲むですが、結構これは重要で、楽しむということが体に与える影響は
計り知れません。もちろん楽しみすぎてのみ過ぎないようにする必要がありますね。
でも本来お酒を飲む目的は楽しむことなので、とにかく楽しく飲む。これが重要でしょう。

 

そして最後にやはり水分補給です。どうしてもお酒というのは飲みすぎてしまいますから、
それを無理矢理少なくするよりは、適度にチェイサーを入れるということです。そうすれば
酔いが回るのも遅くなり、一石二鳥です。

 

繰り返しになりますが無理にお酒を飲んだり、飲み会の数を増やす必要はありません。
もしお酒を飲むのであれば、こういったことを考えておくと便秘解消の役にも立ちますよ、
というレベルで考えておくのが一番でしょう。

関連ページ

便秘解消に塩水からわかること
便秘解消に即効性のある飲み物としてよく塩水が紹介されています。そこから考えてみることがあります。
栄養ドリンクの飲みすぎに注意
栄養ドリンクが便秘解消に即効性のある飲み物だと思ってませんか?