便秘解消 歩く

歩くウォーキング
歩くこと、つまりウォーキングで便秘を解消するというのはおそらく多くの人が
取り組んでいることではないかと思います。

 

筋トレなども便秘解消にはいいという話はありますが、本格的に筋トレを
しようと思うとジムに通うといったことが必要になるため、ハードルは高い部分が
ありますね。

 

これに対して歩くというのは明日から、いや、今日から、いや今からでも
始めることができますので、ハードルはそこまで高くはありません。

 

というか歩かずに生活している人はいませんので、いかにその歩く、という行為を
便秘解消につなげるか、ということが大事になりますね。

 

そんな便秘解消につながる歩く、ウォーキングですが、歩き方次第で結果も
だいぶ変わってくるということをご存知でしたですしょうか?また歩くというのも
ウォーキングと呼ばれるくらいですから立派な運動です。その際に気をつけて
おくべきこともあります。

 

歩き方に注意

便秘解消のためにはまずは歩く、ということが大事ではありますが、やはり
歩くにも技術というかやり方があるので、できればそういったことを念頭において
歩くのがベターでしょうね。

 

ポイントは腰の高さとリズム感です。
運動をやっていた人であればわかると思うのですが、腰が落ちた状態は
あまり良くありません。オリンピックやプロスポーツで活躍する黒人選手の
腰の高いことといったらもう羨望のまなざしを送ってしまうくらいです。

 

腰が落ちているということは、腰が低いとはまた意味が異なります。だから
身長の問題ではありません。そうではなく、骨盤の上にしっかりと乗れて
歩いていると言い換えてもいいかもしれません。

 

腰を高く維持しておかないと、骨盤の上にうまく乗れていないということ
なので、腰痛にもつながりかねません。あまり腰が反り過ぎるのもよく
ありませんが、気持ち腰を高く保つ、ということを覚えておきましょう。

 

そして次にリズムですが、便秘解消のために歩く時は気持ち早めの
テンポで歩いてみましょう。もちろん無理をするようなことはしなくていいです。
ただ、だらだら歩いても疲れが溜まるばかりなので、そうではなく、軽やかな
テンポで歩くということです。

 

実はこれは腰を高くキープするということとも関連しています。腰が落ちて
いるとテンポよく歩くことが難しいのです。腰を高くキープしながらテンポよく
歩く。これを心がけてみてください。

 

水分補給を忘れない

次に大事なのが水分補給です。これは絶対に忘れてはならないことです。
歩くだけだからそんな神経質にならなくてもいいのでは?と思うかもしれませんが、
実は歩いているだけでも水分は失われていきます。

 

というか歩かなくても呼吸をしているだけでも水分は失われていくのです。
だから歩いたらもっと失われてしまいます。

 

夏の暑い日に歩くと汗かきますよね?あれはわかりやすいですが、たとえ
冬であっても歩いたら水分が失われているのです。体は常に動いていますので。

 

失われた水分を補給してあげないと、これまた便秘解消どころか便秘がさらに
酷くなってしまいます。

 

便の80%は水分ですから、水分が体内に不足していると便もうまく作られず、
結果便秘解消どころか便秘促進になってしまいます。

 

そうならないためにも水分補給を忘れないでください。歩く時はどんなにスピードを
出すわけではありませんから、手に水筒やペットボトルを持って歩くようにしましょう。

 

そしてこまめに5分から10分に1回は水分補給をしましょう。ただし、1回に飲むのは
一口程度です。あまりごくごく飲んでしまうとどんどん尿として出て行ってしまいます。

 

そうではなく、こまめに補給をしてあげると効率的に体が水分を吸収してくれます。
そしてそれらの水分は便を作るのに役立ってくれますので、是非水分補給を忘れない
ようにしてあげてください。